Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

ユスリカピューパ(オオユスリカver)巻いてみた 

地元の小川はこの時期決まってオオユスリカがハッチする、#16程の通常より一回り大きいユスリカ。
かなりのライズがありフライも1パターンで入れ食いだ
しかし2週間ほどすると・・・
プィってされる\(^o^)/
そらそうだ、地元の凄腕フライマン達が仕事をさぼっては通いつめるのである、しかもこの川オオユスリカしかハッチしないというのは大袈裟かもしれないが、他はでても極少量で食っている子はみたことがない。
つまり、みんな使うのはユスリカピューパかアダルトなのである、そりゃグレるのも仕方がない。
俺も当初は下の様なパターンを使い、スレ度が増すとサイズダウンやマテリアルをどんどんダウンしていった。IMGP0046.jpg
ボディにクイルを使った一般的なFピューパ、スレると見向きもされなくなる。
どうにかスレたのを釣りたいと試行錯誤している日ふと思った。
本物はぷっくりして美味そう(@ ̄¬ ̄@)
それに比べ俺のフライはなんて細くて不味そうなんだ、そうだおいしそうなフライを作ろう!
IMGP0047.jpg
オオユスリカFピューパ#16
あれこれしてこんな感じになった、オオユスリカのライズに対しては絶大な効果を発揮する、ウィングはヘッドセメントで先端を固定しスマートな印象にしている。
IMGP0054.jpg
ボディのアップ、クイルボディより美味そう。
作り方は、ボディは100円ショップのゴムテグスでゴムテグスの凹にそってさらに細いテグスを巻いてヘッドセメントで2.3回コーティングする。
IMGP0035.jpg
オオユスリカ・セレンディプティ#16
エルクヘアをちょと付けたパタンーン、CDCにスレた子に対して反応がまったく変わる。

小さく細く少なめに!ってすれば釣れるってもんじゃないんだなぁっと思った瞬間である
やっぱフライは楽しいね!


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted on 2012/03/31 Sat. 23:02 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。