Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

TMC 43BLJ使ってみた。 

新製品らしい?ティムコのTMC403BLJのサンプルを頂いたので色々巻いてみました。
しかし情報誌をみないとすぐ流行におくれてしまいますね・・・

形状はこんなフック
IMGP0657.jpg
独特な形状をしていますね。
もうみなさんはご存知かと思いますが、アイ側にビーズをセットするとキール状態になります。
IMGP0659.jpg
画像は同じくティムコのタングステンミラーなる製品、最小サイズですがしっかりとミラーボールの様になっているのが分かります、どんどんとマテリアルが進化していきますね~
IMGP0660.jpg
今日はは管理釣り場用のを色々巻いてますので、とりあえずシュリンプを巻いてみました。
姿勢が安定していて、比重が重い為同じサイズの他のフック・普通のビーズよりストンと沈みます。
このストンが管理釣り場では効くんですよね。

にしても
管理釣り場用フライを巻くとなんだかシーズンの終わりが近づいているようで寂しくなっちゃうのは自分だけ?


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted on 2012/07/25 Wed. 20:32 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

沈みテレストリアル巻いた 

梅雨~夏によく使う沈めるフライ。
IMGP0655.jpg
梅雨以降は渓流では沈みすぎない方がいい気がするのでノンウェイト。
この系フライは凝った時期があって、超リアルイミテーションなる物も作りましたが結局こんな簡単フライに落ち着いちゃいました(笑)
ルースニングで梅雨から沈みアントかブナムシ等と一緒に(2本つける)使います。

これまたノーネームです、あんまり簡単すぎると立派な名前を付けにくいですね・・・(笑)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/19 Thu. 22:42 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

白樺の森の系 

7月の中旬でしかも連休の最終日、今日は歩かないと魚に合えないと思い標高の高い渓に行ってきました。
林道を下ってから白樺の森の中を歩いていきます。
IMGP0626.jpg
何年分の落ち葉でしょうか、歩くとふかふかのベットのようです。
結構な距離を歩くのですが景観のおかげかあまり疲れませんね~
IMGP0627.jpg
一時間ほど森を歩いてついたのはこんな渓、まだちょと水が多いですがどうでしょうか。
釣り上がるまでにちょと汗をかいたのでアレをしておかないと。
IMGP0650.jpg
ハッカのスプレーを帽子と手首にシュっとします、これでしばらくは虫が寄ってきません、夏の必需品ですね。
IMGP0642.jpg
手を入れるとじーんとするほど冷たい流れから適度にイワナが遊んでくれます。
急流の中に棲んでるせいか元気いっぱいでなかなか写真を撮らせてもらえません(笑)
IMGP0636.jpg
空を見上げると晴天のようです♪
しかし谷が深く森が豊かな為渓までとどいている日光はほんとにわずか、天然のドームの中ですのでこの日ちょと下界は30度もあったのですがこの渓はひんやりとしていてとても快適でした。
IMGP0646.jpg
マイナスイオンたっぷりの滝、ここでいいのをかけ2週連続尺イワナーと思ったら数ミリたりませんでした(笑)
それでも元気いっぱいの引きを楽しめたので気分よく納竿。


夏はやっぱりこういうお日様のとどかない渓は最高!
難点は脱渓して車に付いた時の脱力感が半端ない事くらいですかね(笑)

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/16 Mon. 22:08 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

増水と濁りであっちこっち 

今日は増水と濁りで釣りが可能な渓が絞られてる状態。
しかも3連休ということも重なり普段人のいない所も入渓者が・・・
今日は自分にしては早めの9時ごろから渓を探したのですがなかなかいい所がみつかりません。
こんな日は支流をはしごだっ!

1本目、いつも釣れるのにちょと反応が薄い・・・と思ってたら釣り終わりのエサ釣師が・・・渓脱系場所に車なかったのにアンタどうやって来たんだ@@;
2本目、反応が薄かったけど釣り上がればよくなると思ってたけど飲物を忘れてしまった・・・この時期水分ないと危ないので脱渓。
3本目、アブ多すぎ。
4本目、反応薄い&オチビちゃん。
5本目に来たのは・・・
IMGP0622.jpg
堰堤続きの人里からちょと上の渓、まったく期待してなかったけど釣ってみると。
IMGP0617.jpg
一匹目からGOODサイズ^-^
この後もGOODサイズが続いて、ここは凄いぞ!こりゃあいい区間みっけたなぁっと思ってたら反応が薄くなくなりました。どうやらいいのはわずかな区間だけだったようです・・・

今日は雨降らなかったので水と濁りの引いた明日明後日に期待しましょうかね~


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/14 Sat. 22:20 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

アントのおしり 

タイイングをしてるとたまにっとするときがあります。
っとしたタイイング方法で忘れないうちに巻いてみました。
IMGP0609.jpg
玉虫色のアントのお尻、この後コーティングが乾いたらパラシュートにする予定です♪

釣れるかな~?


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/11 Wed. 20:35 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

フライをつくる楽しみ方 

今週の休日に行ったのはこんな渓。
IMGP0598.jpg
前日に大雨が振りましたので普段あんまり水量のない支流を選びました。
今日は『ある目的』があったのではしごして、とにかく魚影の濃い区間を探します。
とある区間に入ると入渓して早速・・・
IMGP0596.jpg
イワナちゃんゲット。
この区間はいいぞ、すぐイワナ2.3匹かけて・・・IMGP0602_20120710002844.jpg
ヤマメちゃんもゲット!
アベレージは20前後でしたがポイントにはほぼ魚がついてる状態、サイズは期待してませんでしたが尺イワナ含めGOODサイズも数匹ゲットしましたb

こんな良コンディションの時のもう一つの楽しみ方、今日はフライの改良がしたくて数が出る区間を選んだのです。
最初はちょとフライを変えましたがこんな日はフライをチェンジしても『で』に関しては大差が無い状態。
適当に遊んでも沢山釣れるのですが一匹でも多く釣りたい・・・っていうのが釣人の性。
それでそれで、この日改良したかったのがちょい前に日記に書いたバーチカルパラシュート、こんな日は浮力の持久力や使いやすさが釣果をさらにあげると思うんですね~
IMGP0607.jpg
家で様々なバランスを作って浮き方をチェックしてる写真です、しかし机上ではわからない事が沢山・・・
やっぱり実戦でちょとしたバランスやマテリアルの量とかを確認する必要があると思います、釣れるフライをつくるのはやはりタイイングデスクじゃなくて渓なんじゃないかなと思います。
この日は様々なバランスで巻いたVPパラシュートを確認しながら釣り上がりました、なにも考えず釣るのも楽しいですがアレコレ考察しながら釣るのも楽しいですね♪

しかしこのVP系はいいですね、イワナだとドライを沈めて釣りたい時もありますがそんな事してもすぐ浮力が復活しますし、最近のマイブームでもあります(笑)

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/10 Tue. 01:00 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

ソラックスダン(ポリウィング)巻いた 

昨日シナモンのエアロドライウイングのパターン巻いたので今日はそれを使ったソラックスダンを巻いてみました。
黄色・オレンジ・ホワイトを使ったのを見ることがありますが、正直見た目がアレで・・・
ウィングの性能としてはいいんだけどどうしても使う気になれない・・・
そこで色調を工夫して使う気になれるエアロドライウィングを使ったソラックスダンがこれ
IMGP0594.jpg
ボディにグースバイオットを使う事で人工的なイメージを無くして、ウィングのシナモンの色に合わせた色調でまとめました。これなら自分的にはバンバン使えます♪
ポンポンと釣れてくれるイワナの季節にはやはりイミテーション度が高いフライより浮力の持久力と復帰力が高い方が使いやすいですね、地球に引っ掛けなきゃ何匹も釣れちゃいますしね~

昨日も書きましたが、ブラウン系で見にくいと思いきやくら~いいわなの渓でもこの色は見やすくてお気に入りです♪


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/04 Wed. 21:51 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

VPピーコック巻いた 

先週末も当然渓流に行ったのですがカメラを忘れてしまいましてちょとサボリ気味、忙しいってのがホントの理由ですが・・・

そうそう、修理にだして戻ってきた代替品のオービスのロッドですがやはり全然違うアクションでした.
10年程経過しているロッドをお使いの皆様、折れたら同じアクションのロッドは戻ってきませんので大切なロッドは大事に取り扱いましょう!


それでそれで、忙しいのにはワケがありまして私はタイイングが好きなのもあって友人からも作成を頼まれたりするのですが、最近それが重なってかなりの量に・・・
特に大変なのが鮎のドブ釣り用の鮎毛鉤でこれが300本ほどで、これはさすがに堪えました(笑)

そんなのをこなしつつ、当然自分の分も巻かなきゃいけないのですがそんな猫の手も借りたい時よく巻くのがこれ
IMGP0591.jpg
VP(バーティカル・パラシュート)ピーコック
このフライのキモであるパラシュートの部分はエアロドライウィングなのですが、その色が問題。
写真のはシナモンという色で、このシナモン一見すると見えにくそうだけど実際はかなり見やすいんだよねぇ。
それでいて魚に嫌われにくい感じがする、結構多めにしても山岳イワナ毛鉤としては問題ない感じがするなぁ・・・

そしてそして、このフライはシンプルなんで慣れれば2分かからないで巻けちゃう。
なんていっても良く見え浮力・持久力がある、それでいて結構釣れちゃうまさにシンプルイズベストっていう言葉がぴったりのフライですb


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Posted on 2012/07/03 Tue. 21:12 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △