Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

カメムシフライを開発してたら・・・ 

どうみてもゴキ・・・が出来てしまいました・・・IMGP0852.jpg
とてもお近くでお見せデキマセン。
スポンサーサイト
Posted on 2012/08/31 Fri. 21:33 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

CDCの容器 

会社帰りにいつものと違う100円ショップにふらっといったらこんな便利な物が。
IMGP0770.jpg
フタが立つプラスチック容器。
右が今まで使っていたものでフタの開け閉めが超めんどくさい、このフタが立つってだけでどれだけ楽になるか・・・
在庫を買い占めてしまいました(笑)
IMGP0846.jpg
ジャーン!
早速ラベルを張替えお引越し、これいいねーフタ開いてストッパーもきいてしかも100円。
しかも!
IMGP0848.jpg
ダブルもありました。
あんまり使わない色のCDCを入れてみました、ちょと窮屈ですが・・・

ちなみに見つけたのはセOアの方、ちなみにこっちに売っているトップコートはダメです、硬化が早すぎてタイイングにはちょときびしい。

トップコートとゴムテグスはダ0ソーに限ります(笑)
Posted on 2012/08/30 Thu. 20:22 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

フライングアント。 

以前作ったフライングアントがあんまりにも釣れないので、バランスを色々変えてみました。

-結果-
普通のが(雑誌等でよく見るバランス)良かったというオチ(笑)
IMGP0842.jpg
普通でつまらないのでレッグをぐちゃぐちゃにして苦し紛れのアレンジ。
下が全然釣れないフライングアント。
IMGP0407_20120828195243.jpg
何がダメか。
ボディが重過ぎてハックルが少ない、CDCでなんとか浮いている状態になる。
これではアリピューパなんじゃないだろうか・・・
もし完全に羽アリだけを選んで(普通のアリと羽アリを区別して)食べている状態ならこれで釣れるかもしれない、しかし通常はフライングアントパターンでも、普通のアリだと思って食べているはず。
IMGP0841.jpg

普通のアリではればハックルの浮力でなんとか浮いている状態が一番いい気がする。
要するに羽アリパターンだからCDCで浮かせようとしたのが間違いだった、ハックルとCDCのバランスをよくしてなるべくハックルの浮力で軽めに浮かせるのがいいみたい。

釣果ももちろんグットでした、鏡面に近いポイントでは派手なウィングの付いたパラシュートは見切られる事が多いので、大物の気配がしたらこっちに変えたほうが確立があがるかもしれませんね~

問題は羽アリにマッチしているかどうかですが、中々羽アリの大量流下にあたりません(笑)
Posted on 2012/08/28 Tue. 20:10 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

夏ヤマメ。 

野反湖の次の日チュンさんをお誘いしてヤマメ釣りに行ってきました。
北信はこの時期ヤマメはかな~り厳しいのでヤマメの顔が見たくなるのです。

行ったのははしごしまくって見つけた最高ポイントのはず。。。だった・・・
IMGP0834.jpg
行ったのはこんな藪沢。
真ん中に写ってるのがチュンさん、調査時はおちびちゃんはいくらでもで尺に絡むのもいて25UPも片手以上釣れたのですが・・・
この日のヤマメさんはかなり夏バテしていたみたいで反応が薄い。
調査した区間を抜けてお昼のランチ、チュンさんカーからはすぐ昼食用のお店が出てきてSETされます、さすがです(笑)
おいしいラーメンをいただき、上流のイワナ狙いにチェンジ。
IMGP0827.jpg
おちびいわなちゃんは適度に遊んでくれました。

雷もゴロゴロ鳴っていて不安が出てきた頃チュンさんがピンピンのヤマメをゲット!
目標達成です!
そしていつのまにか雷様も消えて反応もよくなりました♪
その後も釣り続け、最後にあやしぃ堰堤でチュンさんがいいのをかけ納竿。

温泉にも行こうかと思ってたのですが二人での釣行が楽しく遅くまでがんばってしまいました(笑)
Posted on 2012/08/27 Mon. 20:52 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

雲の上の湖 

土曜はチュンさんNABEさんの釣行にお邪魔して湖に行って来ました。
IMGP0821.jpg
まったく隠す必要なくバレバレなので・・・そう群馬県は野反湖です。
チュンさんNABEさん以外もお仲間が集合していて後で聞いたらブログ仲間の集まりだったようで、みなさまともっとお話をしておけばとちょと後悔・・・
キャンプ場にお邪魔させて頂ありがとうございました。

さてさて、ここは久しぶりだったのですが。
IMGP0822.jpg
ほんとに素晴らしいロケーション、ここに来るまでのドライブ道も素晴らしい。
雰囲気はいうことなし!
IMGP0823.jpg
残暑の厳しい日でしたがここは別世界で太陽はチリチリとしますが暑さを全く感じず・・・
広大なフィールドの中でロッドを振り・・・
禁漁前のラストスパートにいいリフレッシュが出来ました♪



魚の写真がない?ご察しください(笑)(ボウスじゃないよ!)
Posted on 2012/08/26 Sun. 21:40 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

フォームビートル。 

渓流・湖・管理釣り場で大活躍。
IMGP0816.jpg
レッグはわざともじゃもじゃ。
こういうフライはやっぱチャートリュースの目印がお似合いです。
IMGP0819.jpg
ここにいるはずなんだけどなぁ・・・ってとこで出なかったらよく変えるフライ。
しつこく流してぼこっとでたら。。。いいなぁ♪
Posted on 2012/08/24 Fri. 21:27 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

久しぶりのマラブーは・・・ 

湖釣行用に久しぶりに巻いたらひどい出来でした。
とても近くでお見せデキマセン。
IMGP0809.jpg
あんまりにもうまく巻けないから20個ほどでやる気0に。

こうやって見ると同じマラブーに見えますが実際は巻き方を変えています、ちょとバランスを変えただけで釣果にかなりの差がでるんですよね~
自分は色のローテーションはあんまりしません、バランスでローテーションすることが多いです。
詳細はマラブーのタイイングの感覚を取り戻したら日記にします♪
いまの出来だと2.3百巻かないとだめかもしれませんが(笑)

これだけじゃ足りなくなるくらい爆釣すればいいな・・・
Posted on 2012/08/23 Thu. 19:31 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

夏フライバランスチェック。 

昨日のハードシェルアントは。IMGP0798.jpg
こんな感じに。

ビートルパラシュート#10~16まで用意
補強はゴムテグスです。
IMGP0790.jpg
IMGP0792.jpg
IMGP0795.jpg
IMGP0804.jpg

夏はこの2種がフライボックスの大半を占拠。
とりあえず今年はこんなバランスで落ち着きましたが、来年はまったくバランスが違っているかもしれません(笑)
Posted on 2012/08/22 Wed. 20:01 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

ハードシェルアントの塗り 

この時期なるとフライボックスの殆どを占拠するハードシェルアント。
作り方は簡単だけど作るのは簡単・・・とは言い難い。
悩ませるのはコーティングの重ね塗り。

理想は・・・
IMGP0781.jpg
車補修用のタッチペン重ね塗り4.5回ほど、じつにセクシーです。
でも一日10本以上使うフライで中々手間がかけれない、色々試行錯誤してるんだけどいい方法が見つかりません。

現在妥協している方法で作ったのがこれ。
一回塗り
一回塗りで完全に硬化した状態。
見た目はタッチペンの重ね塗りに敵わないけれども、釣果はさほど変わらない気がします・・・

やり方はは100円ショップのトップコートをしばらく空けたままにしてねっとりとさせるだけ(換気のいい所でやりましょう)買ったばっかりのサラサラの状態だと一回塗りだと全然ツヤツヤしません。
減ったら減った分だけちょとずつ足して粘度をあまり変化しないようにします。

お店でトップコートとゴムテグス(ビーズの手芸コーナーの物)をまとめて購入するのでちょっぴり恥ずかしいのが欠点です・・・
Posted on 2012/08/21 Tue. 22:00 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

VSアナグマ 

今日は本当は免許の更新の予定だったのですが土曜に結構な雨が降って、当然日曜の渓魚達の活性は期待出来るわけで・・・
IMGP0756_20120819191837.jpg
免許の事なんかすっかりと忘れて気がついたら川にいました。
え?川なんか見えないって?
ここは悪い釣人からは川が見えなくなる魚達の隠れ家なのです。

冗談はほどほどにして釣果はというと。
IMGP0751.jpg
1匹目からグットサイズゲット!28くらいかな。
最初からグットサイズがでると余裕がでますね~自然を満喫しながらゆっくりと釣り上がります。
IMGP0755.jpg
ハチさんは忙しそうでした。
期待通りの反応に気分よく釣りあがってるとなにやらゴソゴソと動いている動物が。
IMGP0757.jpg
必死に水辺でお食事している様子で全然こっちに気づかない、そーーとストーキングしてさらに近寄る。

ちょと驚かしてやろうヒヒヒ・・ばれたら絶対ピューーって逃げるだろうケラケラ。
IMGP0759.jpg
ここまで近寄っても気づかないなんて警戒心のないやつめ、しかしこの子なんだタヌキ・・・じゃないし。
食べるのに夢中で全然気がつかないから「こんにちわ!」と挨拶してみた。
IMGP0769.jpg
予想外に逃げなかった、こいつはハクビシン?(後でしらべたらニホンアナグマのようです)
逃げないどころか物凄い威嚇してきた、この凶暴な目が言っている。
「誰だテメェ!」
IMGP0765.jpg
顔怪我しているし相当に喧嘩っ早いんだろう。
「食事中邪魔してなめてんのか!アン!?」としか聞こえないコワイ。
IMGP0768.jpg
「今すぐ俺の視界から消えないと○○○○○○!!」と言っているタブン

しばらくにらめっこ対決が続きましたがホントにすぐに突進してきそうな感じ、あーこわいコワイよ・・・
驚かそうとしてすいませんでした、私が悪うございました。
この子のテリトリーをささっと抜け帰路に着いたのでした。

しかし小動物に降参するなんてトホホ・・・
Posted on 2012/08/19 Sun. 20:17 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

ちょい釣り 

お盆で野暮用が多くてちょい釣りに選んだのはこんな渓
IMGP0741.jpg
林道をちょとだけ歩いて行きます。
IMGP0743.jpg
あんまり人が入らない渓で楽々う釣ろうと思ったら計算違いだった。
結論から言うと今年で一番難しいイワナ釣りとなった。

最初16番アントだったけどUターンする18番に落とすダメ・・・22番まで落としてようやく口にしてくれた。
ドラックがちょっとでもかかっても当然Uターン、しかも2度目がないという警戒心の強さ、まるで超人気河川の様な反応、あんまりフライの人がはいらない山岳渓流のはずなのにこれはいったいどうしたものか・・・
IMGP0748.jpg
やっと釣れたおちびちゃん。
普段なら川を変える出なさだったけど良ポイントで尺上がすーっと浮いてきた35はあるだろう、しかしドラッグがかかってUターン。
あれ釣らないと帰れないな・・・しょうがないからそのまま釣りあがって帰りにしとめよう。
夕方まで遊んでなんとか数匹GET、そして川通しに帰ると難しい理由が判明した。

途中でご年配のテンカラ師に出会った、話を聞くと近くの方で毎日の様に夕方だけここで遊んでいるらしい。
デカイワナポイントより上で出会ったのでやっても今日は無駄だろう。
「兄ちゃんマズメじゃないとここはでねえよワハハハハー」
「ですよねーワハハハー」
一緒になってワハハハーと笑うしかありませんでした(笑)
Posted on 2012/08/13 Mon. 14:22 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

CDC有効活用術 

CDCガガンボ・CDCカディス・CDCパラシュート等に便利な小技のご紹介。
IMGP0447.jpg
まず上の画像の様にスレッドでループを作っておきます、ダビングワックスを塗っておくといいかもしれません。
今回はCDCボディカディスなので後ろ側になっています。
IMGP0453_20120807195122.jpg
ループにCDCを挟み、プライヤーで止めておきます。
この時CDCを長くしたければストーク側に止めます、任意の長さにしたい場合は予めCDCをカットしておくとよいですね。
上の画像は半分位の位置で止めてあるので長さは短いですが密度が濃くなります。

プライヤーで止めたら、指でCDCを押さえつつプライヤーを回転させます(コマの要領でキュイーンとやると早いです)
IMGP0456_20120807200056.jpg
どのくらいループしたスレッドを回転させるかというと、オレンジの丸の部分のCDCが若干よれるくらいまで。
この状態なったら赤い線の部分、つまりストークにそってCDCをカットします。
IMGP0458.jpg
そうするとあら不思議!
CDCは大変柔らかく、スレッドの回転力の方が勝りますのでストークから切り離すと一気に上の画像の様になります。
この状態なったらさらにループしたスレッドを回転させCDCを確実に止めます。
IMGP0461.jpg
こんな感じになります♪
この方法は様々なパターンに応用可能で、CDCガガンボ等のパターンのCDC節約にも効果的です。
ストークごとクルリとつけてる方多いかと思いますが、ストーク硬いし捨てる部分が多くなりますよね。
でもこの方法を使うと。
IMGP0723.jpg
CDCの本数まで決められます、大量に巻く場合は上の状態にカットしてけば作業がはかどり、CDCの無駄もかなり減ります。
IMGP0724.jpg
やり方は一緒、ループしたスレッドに挟んでクルリンしてカット、太いストークが邪魔なミッジクラスのガガンボも楽々巻けるようなりますね。
良質なCDCなら一枚で6個くらい巻けるんじゃないでしょうか。
CDCも高騰してるから無駄なく使いたいですね、なれるまで大変かもしれませんがよかったらご参考にして下さい。
Posted on 2012/08/07 Tue. 20:32 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

釣れない言い訳 

オリンピックで夜更かしが続きますね。
今日はちょと寝坊して、野暮用を済ませたらお昼。
渓流に行くか迷ったけれども、あんまりにも暑いので1時過ぎに出発しました。
IMGP0711.jpg
着くとやっぱり下界とは別世界、ひんやりした風と空気の中遅いランチとお昼寝してから釣り開始。
最初の大きなプールを覗いてみると・・・
IMGP0710.jpg
かなり見えづらくてすいませんが、イワナの幼稚園になっていました。
20~30匹くらいいるかな、このうち何匹が立派な大人になるんでしょうね~
なるべく驚かさないように通過して、狙うはこの子達のパパママ(なんだか自分が悪役ですが(笑))
IMGP0716.jpg
早速お兄さんくらいのをゲット。
IMGP0721.jpg
お姉さんヤマメをゲット。

お兄さんとお姉さんは出ますがパパとママが釣れません・・・
よ~く水中をみると発見、しかし水面には興味ないみたいでサイトで沈むアントを流し込む。
パクッとしたのをみて合わせるが合わせミス。
狙いを水中にしてその後も良型を発見するも全部ミス・・・

うーん・・・
これはオリンピックの見すぎで寝不足だからに違いない、きっとそうだ。

釣りって、天候が悪いからだ・先行者がいたからだ・前の洪水があったからだetc・・・
沢山釣れない言い訳が出来るのも、いい所のひとつなんじゃないかなとちょと思います(笑)


Posted on 2012/08/05 Sun. 23:43 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

ブナパラ 

夏の釣れな~~~~い時間帯にちょと気分転換にフライボックスの片隅にあったブナムシフライ・・・
ためしに付けてみると反応がよくなったって経験あるかた多いんじゃないでしょうか。
IMGP0707.jpg
シールズファーーのチャートリュースの色と質感が好きでブナパラはメンドウだけどもシールズファー使ってます。

にしてもこのブナパラ・・・
いつもハックルの色で迷っちゃいます、画像はシルバーバジャー。
ダークカラーもいいような気がするけど似合うのはやっぱ明るい色かなぁ・・・
Posted on 2012/08/04 Sat. 00:29 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

簡単テレストリアル 

こんなのでもよい結果をもたらすことがありますね。
IMGP0700.jpg
名前あるんでしょーか?
テイルを付けるかどうか悩むところですが、めんどうなのでつけません(笑)
ハックルの下はカットしません、グサっと水面に刺さるのがいい時があるようです。
IMGP0703.jpg
いくつあっても困る事はないですね!
Posted on 2012/08/02 Thu. 00:18 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △