Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

ミニカメムシフライ開発中 

普通サイズのカメムシフライは完成域になってきました。
IMGP1016.jpg
カメムシピラミッド。
量産もなんとか出来るようになりました、まだちょと時間がかかりますが・・・
IMGP1017.jpg
右が10番、左が現在試行錯誤中の14番~サイズのカメムシフライ。
渓流用にこのサイズもほしくて作っています、カメムシっていうより、このサイズなれば小型テレストリアル全般だろうか。

10番サイズと同じようにタイイングしても、なかなかバランスが難しいのが悩み。
IMGP1021.jpg
浮力チェックは小瓶に入れておいて、2.3日間暇な時にシャカシャカして浮力・持久力を調べてます。
上のは3日程の状態、いくらシャカシャカしても沈みませんが前の方が沈んじゃってますね。

完成すれば、今までのフォームフライより釣果があがるかもしれません。
問題は来年の夏まで渓流では効果を試せないって事でしょうか・・・(笑)
スポンサーサイト
Posted on 2012/09/27 Thu. 22:53 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

橙色のイワナ 

天候次第では今年最後の釣行になるかもしれない・・・
そんな土曜日に行ったのはこんな源流域。
IMGP0997.jpg
お持ち帰りする人が入渓したら、魚影が無くなりそうな規模の川。
しばらくは全く反応が無いですがちょと釣り上がると・・・
IMGP1004.jpg
この辺りはかなりの数の支流があるのですが、ここまで特徴のあるイワナは珍しい。
大きなアヒルの様なお口に、蜜柑の様な朱点。
サイズはそんなに大きくはないけれどうれしい1匹。
北信は橙色の強い固体が多いのですが、色の付き方が一段と深い気がしました。
IMGP1013.jpg
天気次第では最終釣行になるかもしれないので、反応を楽しみながらゆっくりと遡行しました。
この滝のちょと上の様子をみて脱渓。

普段はここで帰宅なのですが、禁漁が近いので川を2本ハシゴ(笑)
まぁどこも入渓者の後で反応はイマイチでしたが、最後が近いとなると竿を振るだけで満足で、真っ暗になってやっと納竿しました。

この日が今年最後でも、綺麗なイワナの顔が見れたので気分よく今年は終われそうです。
Posted on 2012/09/23 Sun. 15:55 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

マテリアル収納術 Part2 

今度はやたらと増えてしまうダビング材の収納です。
ダビング材の収納はこれを使ってます。
IMGP0993.jpg
A6のクリアファイル、やっぱり100円。
このままでもいいですが、超使いにくいのでちょと改造します。
IMGP0994.jpg
上部4cmくらいの所にマジックで線をして、上の接着部分をはがしておきます。
あとはマジックに沿って切るだけ。
IMGP0995.jpg
切る理由は、切らないとダブング材の袋がすっぽり入ってしまい、出し入れしづらい。
切ると上の様にはみ出てますので、出し入れが簡単です。

1ケースで10袋くらい大丈夫です、規格のA6サイズの為すっぽりはまる棚も販売しており、背中にシールを張る事でほしいダビング材がすぐ見つかります。
色が多い商品は(スーパーファインダビング等)スーパーファイン(ダーク系)とかに分けてシールを貼っておくといいかもしれません。


専用のフライボックスの様な商品もいくつかでてますが、あれは使いづらいって思うのは私だけでしょうか・・・
Posted on 2012/09/19 Wed. 19:35 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

マテリアルの収納術 Part1 

最近またマテリアルが増えてきて、入れ物が足りない状態に。
早速いつもの100円ショップにいって、追加の入れ物を買ってきました。

マテリアルの殆どは100円ショップのアイテム収納しています。
タブン・・・普通よりは多いマテリアルがあり、収納にはいつも悩んで自分なりに安く・便利にまとめる方法でやっているつもりなのでちょとだけ公開。
これよりベンリなのあるよ!!って人いたら是非教えて下さい!!!

ではでは
IMGP0987.jpg
左はA4のケース、これは結構活用してる人が多いんじゃないでしょうか?
これが現在家にあるのは30個ほど、これだけで山積みしていたらクリアケースの雪崩になってしまいます・・・
そこで!右のA4の積み重ね可能な入れ物を使っています。
IMGP0988.jpg
A4の入れ物にはストッパーを付けておきます、理由は下記で。
IMGP0989.jpg
ストッパーを付けておくと、奥まで入らない為とる時に取りやすくなります♪
IMGP0990.jpg
以前は衣類の収納ボックスに、何種類かのマテリアルをジップロックに入れて保管してましたが、お目当てのマテリアルを探すのに、時間がかかり戻すのも超メンドウ!

この方法だと位置を覚えてくればささっと出して、ささっとしまえます、しかもマテリアルが増えても、簡単に安く増やせるのも魅力です。

A4ファイルに入りきれないコンプリート・コックネック、逆に小さくて種類の多いダビング材等は違う方法で収納してます。


こんなに綺麗に収納していても、なぜかいつもタイイングデスクの上が汚いです・・・





なぜでしょうね(泣;
Posted on 2012/09/13 Thu. 21:09 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

ティンセルホルダー作った 

以前からほしかったティンセルホルダー。
しかし某メーカーのは3000円以上もする・・・
こんなの作れるわ!って思いながらメンドウでそのままにしていたが、いい機会がきた。
IMGP0976.jpg
仕事関係の知り合いのゴミ予備軍の中にこんなのがあった、カスターといって調味料を置いておく物。
さっそくおねだりして頂戴した。
台座の部分がクルクル回るので、タイイングのツール置くのにいいかもって最初思ったがちょとひらめいた

これアレに出来るんじゃ?!
IMGP0983.jpg
仕事中にさぼって休み時間を利用して、廃材のパイプをパイプカッターで40cmほどにカット。
IMGP0980.jpg
上司の目を盗みながら廃材の塩ビ管の蓋に、3.5のキリで穴を開けアクリルラッカーのシルバーで色塗って完成。
止め方はインシロックです。
IMGP0984.jpg
激務の仕事のわずかな休憩時間の間につくったので(ホントですよ!)裏は超テキトウに(泣;

IMGP0978.jpg
組み立てるとこんな感じ♪
費用0円、代償は休憩時間。
クルクル回るし思ったよりいい出来に、ティンセル止める所はもうちょい大きくてもよかったかな。

まあタダで出来たしよしとしましょう。
Posted on 2012/09/11 Tue. 20:14 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 1

pagetop △

残暑厳しい中でも 

カメムシフライの実釣の為グットサイズで数が出る渓をめざしました。
IMGP0969.jpg
そんな場所はやっぱ歩かないといけないワケで・・・車止めからテクテクと歩きます。
しかし9月だってのにこの暑さ、林道歩いただけで飲み水半分飲んじゃったよ・・・
IMGP0959.jpg
うわっ渇水、カメムシで釣れるんだろうか・・・しかしここまできたらやるしかない。
IMGP0965.jpg
ダメだったらアリさんに変えよう、って思っているうちにグットサイズゲット!
IMGP0954.jpg
渇水の状態が長くてなれちゃったのでしょうか、思ったよりも反応が良く楽しめました。
にしても、すっかりと大人の顔つきで体色も秋模様です、こんなのが釣れると残暑厳しい中でも秋を感じますね。
禁漁まで生き残れたら立派な子孫を残してくれるでしょうね。
Posted on 2012/09/09 Sun. 20:25 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 3

pagetop △

セアカツノカメムシ 

NABEさんに教えて貰ったお腹が赤いカメムシをネットで調べたら、どうやらセアカツノカメムシというらしい。
早速ネット画像を参考に巻いてみた。
IMGP0948_20120907233130.jpg
背中。
IMGP0934_20120907233150.jpg
お腹。
マクロで見ると次の改良点が見つかります、地道な改良が楽しくもあり難しくもあります。
お腹の節をなんとか表現したいがいい方法が見つからない、なんとかぱぱっと楽で速く出来るいい方法がないだろうか。
発色もイマイチですね、この辺りは釣って調整するしかないのですが。
レッグ等は・・・まぁそのうちいい物と方法が見つかるでしょう。

にしてもこのセアカツノカメムシとやら、個体差はかなり沢山あるようですが、確かにおいしそうな色をしている。
セアカっていっても背中は緑みたいだし、なんというか・・・セアカっていうよりスイカだ。

うん、名前はスイカメでキマリ!
Posted on 2012/09/07 Fri. 23:54 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

カメムシフライ プロトタイプ完成 

とりあえずプロトタイプ完成しました。
IMGP0912.jpg
IMGP0922.jpg
反射しててすいません。
IMGP0929.jpg
浮かべた状態、浮力はかなりの物です。
IMGP0933.jpg
実釣で耐久性・浮力の持久力・なんといっても釣れるか←一番重要を確認したいと思います。

がんばって作っても使い物にならないって事、結構あります(泣
Posted on 2012/09/06 Thu. 21:59 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

セミフライも開発中 

カメムシだけだと臭くなりそうなので・・・
IMGP0907.jpg
セミフライも同時進行で試行錯誤しています。
上におんぶしているのはカメムシ試作品第15号くらい。
IMGP0908.jpg
完成には遠いですが方向性が見えてきました。
タイイング時間5分以内で出来そうです、究極のリアルティより身近な素材で簡単に速く巻けしかも釣れる!を目指します。
IMGP0910.jpg
マクロで見るとまだまだ未完成ですなぁ・・・

Posted on 2012/09/06 Thu. 19:22 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

カメムシフライ開発中 

雑誌・ネットを参考に、オリジナル?改良型?カメムシフライのボディが完成。
田舎でも簡単に手に入るマテリアルで、質感・浮力がいい物が見つかりました。
ショップが沢山ある都会と違い、田舎はいつでも手に入るマテリアルじゃないと困ってしまうんですよね。
IMGP0898.jpg
以外な原材料で出来ています、さて何でしょうか?
IMGP0903.jpg
現問題点
タイイングの簡略化が問題、5分以内に巻ける様に試行錯誤中。
耐久力がちょと弱い・・・マテリアルの性質上向上は難しいかもしれない。
IMGP0906.jpg
プロポーションはいい線いってると思うのですがどうでしょうか?
レッグはちょとダサイけど簡単でどこでも手にはいるからラバーレッグのこのままでいい気がします。
何かいい案あったら教えて下さい・・・

完成域なったら、マテリアル・タイイング方法を日記にします♪
Posted on 2012/09/05 Wed. 21:29 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 3

pagetop △

いよいよ9月ラストスパート! 

早いものでもう9月、今年の釣りに悔いを残さない為今日はがんばってこんな渓を選びました。
IMGP0855.jpg
なにをがんばるかというと、この渓遡行が超大変なのです。
その分の恩恵もあるのですがね♪
降りるまでが大変だけど、降りてしまうとかなり開放感のある渓、久々に一回も木に引っ掛けませんでした(笑)
IMGP0882.jpg
早速アベレージくらいのをゲット!
夏のイワナっておなかがぽっこりしてますよね・・・(笑)
なにを食べているか気になります、ストマックじゃ大きすぎてでこないからなぁ・・・
IMGP0886.jpg
ここで浮いてれば尺上ってポイント、この渓はほぼスレてないのでフライは大きくて大丈夫なのだ。
この日は8番のバッタさんで釣り上がる。
左の浮石についていて、尺上かけるがバラシ・・・最近早合わせの渓が多かったのでたまにプレッシャーの無い川に来ると合わせが早すぎて掛が浅くなっちゃいます。
IMGP0885.jpg
高巻きに30分かかる場所もあります(汗;
どんなに釣れても2週連続とかはキツイ、長野だとこういう渓はいくつかあるのだけれど、不思議なもんでパラダイスの渓には連続ではあまり入る事はないんですよね~
近年は入った事の無い区間とかを探索するのが楽しいんですよね。
そういう場合は目星を付けてこれで入渓ポイントを決めます、かなり適当に決めますが全く釣れないって事はあんまりないですね。
IMGP0869.jpg
高巻きがんばったご褒美でしょうか、あやしい瀬で粘ってたら尺上美形モデルさんをゲット!


ラスト一ヶ月みなさん楽しく釣りましょう♪
Posted on 2012/09/02 Sun. 21:34 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 9

pagetop △

タッチペンの容器 

アントのお尻とかに使えるクルマ補修用のタッチペン。
買った時の容器だと超使いづらいので、刷毛ブラシ付き空ボトル要するにマニキュア用の空ボトルに入れ替えてます。
IMGP0853.jpg
こんな感じに。
(タッチペンのシールをはがして貼ると買い替えの時迷わずに済みます)
色々調べた結果ここの商品が安いと思います、ネイル専門店にいけばありそうですが流石に入る勇気はございません!
普通のトップコートでも粘度を使い分けているので、大変重宝しています。

ネットはこういうときも大変便利ですね(笑)
Posted on 2012/09/01 Sat. 21:28 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △