Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

ヴェインファイバー 2 

最初に作った時はちょとゴミっぽくて釣れそうにないな・・・
コレが素直な感想
IMGP1408.jpg
それは、ダビング材以外ヴェインファイバーで作ったこんなフライ
まるでインジケータや毛玉を丸めただけのゴミの様なフライ・・・


先週の釣りは朝はドピーカンで5月とは思えない暑さ、涼を求めてちょと上流に足を向けた
IMGP1392.jpg
川沿いは歩きすい藪で1時間程下ってから釣り上がる、いつも魚影が濃い渓なのだがしばらくパシャともいわなかった
まったく釣れないので早めのランチ、前日車内泊で寝不足だったので川原でお昼寝してから再アタック!

お昼寝がよかったのでしょうか、すぐにこの日最初のイワナちゃん
この後もポツポツと釣れるが、一回でたら二度目はなく出方もヤマメみたい
IMGP1393.jpg
そこで冒頭のフライに変えてみた
そこからが絶好調で殆どのイワナが落ち着いてすっとフライを咥えてくる
細い沢なのでサイズは25cm止まりだったがポイント毎に元気なイワナと遊べました
IMGP1413.jpg
ハックルやCDCにスレた子には効果的
使うシチュエーションはアダムスやEHC等のパイロットフライ的な感じ
浮力・浮力の回復力持久力・視認性もよい感じなんです
IMGP1410.jpg
下から
人間が見るとダビング材の塊・・・にしか見えないが魚からはご馳走に見えてる様である
自然素材のヴェインファイバーだからいいのでしょうね~
IMGP1416.jpg
名前は雑誌で同じ様なパターンを見た記憶があるので探したが見つからず・・・
とりあえずヴェインユージュアル(仮)とでもしておきます(笑)

信州佐久平のフライショップマウンテンロックリバー
信州八千穂高原の八千穂レイク
で販売する予定です、八千穂高原は高原のツツジが見頃なので是非遊びに来てください。
スポンサーサイト
Posted on 2013/05/29 Wed. 21:06 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

里川のイブニング 

一年で日が最も長くなるこの時期、信州の中の都会の方の住処の僕でもなんとかイブニングに間に合う川がある

間に合うといってもワンマン会社に勤める僕、毎日定時に帰れるわけなく
上の者に見つかったら最後、深夜まで延々と雑用をやらされる事となる・・・
それでも週に何日か外回りで誰も会社にいない日がありここぞとばかりに出撃するのである!

本日もそんな幸運な日だった、右よし左よし下も上もよし!
18時にこっそ~~~~りと抜け出した
IMGP1377.jpg
30分程で着いた場所はこんな所、魚影は薄く休みにはここで一日遊ぶ気にはならない川
それでも会社帰りの30分だけは楽園と化す

贅沢はいわない、一匹・・・一匹でいいのだ

IMGP1376.jpg
小さな瀬を叩くとパシャ
週中の一匹は本当に癒されます、・・・もう一匹、もう一匹だけいいよね?・・・
IMGP1378.jpg
キビキビと走ってくれたヤマメ
IMGP1383.jpg

こんな日は帰ってからの一杯も最高です
Posted on 2013/05/23 Thu. 21:21 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

ヴェインファイバー 

今回の釣行でよく釣れたのがこちら
ヴェインファイバーを使ったソラックスダン
IMGP1374.jpg
ライズ取り用のフライのマテリアルのイメージがあるけれど
今回のは釣り上がり用、目印もつけマテリアルもちょっと多めにドレッシング
IMGP1369.jpg
芸が無いなぁと思いつつヴェインファイバーソラックスダン
マテリアル2種の超簡単フライです(笑)
なんだかんだでこの形は完成されてる、色々試行錯誤しても結局こうなるんだよね(笑)
IMGP1372.jpg
ちょと下から覗くと目印は見えにくいですね
釣り上がりという事で不安なのが浮力ですが、液状のフロータントとは相性がいいみたい
程よく浮き浮力をキープします
IMGP1370.jpg
この時期はしっかりしたプロポーションのフライより、どこか普遍的なフライの方が断然使いやすいですね~
にしても、この色と質感は流石としかいいようがない・・・
まさによく食われてるイマージャーのウィング色
応用が効く素晴らしいマテリアルで、新パターンも色々作っている最中なのです

まあ、いくら良いマテリアルでも創る人がアレなので大体はシーンパターンになります・・・(泣
Posted on 2013/05/20 Mon. 23:52 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

君たちは何所に隠れていたんだい 

毎年思う事だけどほんとに・・・
IMGP1340.jpgIMGP1347.jpg
君たちは何所に隠れていたんだい


この日の朝はごらんの通り快晴
ハッチもなく厳しいと思ったけど瀬をおそ~いドリフトをさせると元気よくフライを追ってきました
IMGP1345.jpg
ライズは全くなく普通に流しても反応がない
この日のキーワードはとにかくスロ~、流速よりゆ~~~くりっと流すこと
こんな日は焦るとダメ、一流ししたらフライとラインのコンティションのチェック
いい流れを前に焦らず周りこんでサイド&ダウンクロスでゆっくりと釣り上がる
IMGP1352.jpg
コンディションはかなりよくサイズに似合わない引きと風格
ライズはないのにどの子もお腹がパンパンになっていましたね~
午後になって天気予報通り時折小雨が降る天気、そうなると更に状況が一辺しハッチありライズありの状況に!
数釣りになった日に狙うのははサイズのみ
IMGP1343.jpg
狙った場所に狙い通りのドリフト、葦の際から大きな影がフライをスッと吸い込んだ
場所がよく難なくキャッチ、影の正体は丸々と太った尺上イワナだった

思い通りのキャッチで気分よく撮影場所を作り魚のポーズを決める、とその時いきなり僕の股間めがけて猛ダッシュする尺イワナ
慌てておまたを閉じ進路を塞ぐ、両手で必死に尻尾を掴もうとするがツルッツルッ
ようやく大人しくなった所でそっと両手でつかみおまたを緩めた瞬間、渾身の力で尺イワナが泳ぎだす
見事にトンネルエラー・・・

モデルさんに逃げられしばし呆然する僕
ふと我に返り辺りを見渡しました、川の中でおまたを閉じ両手を入れてる所なんか見られたら通報されかねません・・・

ともあれ、盛期らしい楽しい一日でした(笑)
Posted on 2013/05/19 Sun. 22:27 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

CDC Pilot Fry 

この時期のパイロットフライは非常に悩むところ

なぜかというと、渓魚の活性がいい時期だけに極端に的外れな毛鉤でない限りなんとかなってしまう
とりわけ14番前後のアダムスやEHCを選べば良い釣りが出来る事間違いなしだ
しかし欲張りな釣人は1匹でも多くと思ってしまうのである・・・

盛期にもなるとメイフライ・カディス・ガガンボといった水生昆虫に加えて、蜘蛛や蟻等の陸上昆虫も多くなってくる
アダムスやEHCだとガガンボや蜘蛛とかにはあまりマッチしてない気がする・・・
かといってコテコテのガガンボ・蜘蛛・蟻パターンじゃあカディスやメイフライには程遠い

でもEHCかアダムスで十分釣れるって?
そうなんだけど、もう1匹だけ・・・もうちょっとだけいいサイズを!

盛期は大体のフライで釣れてしまうだけに本当にこれでいいのかと悩んでしまうのです
もう全部にマッチしてるフライないの!?
という事でこんなのを使ってます
IMGP1334.jpg
バランスとか改良中なんですが(どんなフライにしても毎年改良中ですが)ほぼ完成でかなりイイ感じのバランスになってきました
ありとあらゆる昆虫にマッチしたらいいな~と願いを込めて『アリアラ』と命名、ありとあらゆるとかそんな大袈裟な!って気もするが・・・まあ願いだしね(笑)
IMGP1332.jpg
メイフライ・カディス・ガガンボ・蜘蛛等を足して割ったイメージのバランスにしました~
見えるかな・・・?
CDCは出がバツグンのダークダン、魚からは見えにくく人からは見やすいように目印もあります
IMGP1328.jpg
写真はキールですが通常のタイプでもいい感じです

CDCダンやCDCカディスと変わらない気もしますが、水面にペタ~と干渉しなで遅いドリフトとかがしやすくなっています
あんまり変わらないじゃんと言われたらそれまでですが(笑)

信州佐久のフライショップマウンテンロックリバーで販売してますので千曲川水系で遊んだ際には是非お店にお寄り下さい
Posted on 2013/05/14 Tue. 22:14 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

いい季節になってきました 

季節は新緑が気持ちい最盛期
待ちに待った休日は前日の雨の不安を吹き飛ばす快晴

こんな絶好の釣り日和に兼ねてから釣行の約束をしていた
IMGP1313.jpg
hayaさんチュンさんと北の方の沢に行ってきました
おっさん3人でこ~んな沢に入って大丈夫でしょうか・・・ 釣果じゃなくアチラ的な意味で・・・

まあ・・・手遅れなのは自覚してます はい(笑)

IMGP1319.jpg
釣果の方は流石にこの辺りをホームにしているお二人
簡単に釣っちゃいます~
僕は必死になって木の葉ちゃんを数匹・・・


IMGP1324.jpg
午後は上の方まで竿をだしたが不発
ちょと早かったかなぁ~
今年は季節が遅いのでこの季節でも我慢して沈めた方がいいのは分っているんですが・・・
ぽかぽか陽気で虫もふらふらと漂っているとついついね(笑)


なんだかんだでわいわいと楽しい釣行でしたね~
夏キャンプ釣行の約束をして帰路につきました
Posted on 2013/05/12 Sun. 22:48 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

ロコフライフィッシャーのフライ 

みなさんフライが沈んできたらどうしてますか?

私はその日の使うパターンが同じなら
水分を取ってからパワードライヤーでゴシゴシしてフライパッチにとめて乾燥させる
次は新しいのを使い、最初のフライが乾燥したらそれをまた使う
そんな感じでローテーションさせながら釣っています

しかし今年は
IMGP1294.jpg
フライを見てください
フライについている藻が大発生していて一回で使い物にならなくなるんです
石に藻が大量に付着しているので、石にラインが絡んだらフライにも付着してすぐに終了・・・なのです

そんなワケで大量にあったフライもストックがどんどん無くなり急ピッチでタイイングしなければなりません

まあ盛期なので使うパターンは多くは無いのが救いですね
特に最近使うのが千曲ガガンボ(仮名)
IMGP1305.jpg
このフライは信州は佐久のロコフライフイッシャーが開発したフライなのでドUPではお見せ出来ませんが、佐久地域の千曲川水系で絶大な威力を発揮します(もちろんどこでもよく釣れますが(笑))
自分の発想には無い構成で創られたこのフライはまさにヤマメハンターな代物です

佐久のフライショップマウンテンロックリバーで僕が巻いた物ですが販売しております
佐久の千曲川水系で遊んだ際にはぜひお寄り下さい
また、ロコフライフィッシャーが集まるお店でもありますので耳寄りな情報も聞けるかもしれませんョ(笑)




Posted on 2013/05/08 Wed. 20:37 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

連休最終日 

連休の最後は一日空いたのでやっと行きたかった渓にチュンさんと遊びに行きました。


大型連休なのでちょと早めに出発
予想に反してすいすいっと9時過ぎに川に到着、道は空いてて良かったのですがドピーカンの連休最終日
でるんかいな・・・
IMGP1295.jpg
連休中にさぞかし痛い目にあったのだろう・・・
とっても神経質な子になっていました(笑)

それでもパラパラとハッチが続き悪くはない条件
一雨降れば今月あたりはもっといい釣りができるかもしれませんね~
IMGP1303.jpg
3箇所ほどハシゴをして最後は支流で〆ました
この支流はちょと早かったかな・・・いつもは数がでるのですが不発(泣)


それでも二人とも良型も釣り上げ楽しい一日となりました
Posted on 2013/05/06 Mon. 22:20 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

ちょい釣り 

今日は仕事の関係であまり遠出ができないので
家の壊れた換気扇を交換したり、雑用をしてゆっくりお昼を食べてから一番近い川に出陣

10分ほどで到着できるこんな川
IMGP1287.jpg
この桜の写るアングルでみると葦の茂るいい川に見えますが・・・
実際は車がびゅんびゅん通り、ゴミが散乱しているなんとも風情のない川・・・
ホントに魚いるんかいな
IMGP1277.jpg
いた
手の平サイズだが3匹ポンポンと釣り上げる
こりゃいいぞ
調子に乗った僕はツ抜けと25cmUPを目標に設定
IMGP1280.jpg
この上のポイントで25どころか尺近いヤマメが浮上
やっぱりこの川は侮れない・・・人は入っているけどフライマンはほぼいないこの川
2回目でも掛かってなければ出るはず、フライを交換して一発入魂キャスト
ビビッッ・・・

やっちまった・・・・・・



IMGP1286.jpg
集中力が切れてこの後も合わせミス連発
たくさんヤマメがフライをつついてくれたのにツ抜けも20cmUPも出来ず退散

ちょい釣りだけどドラマがあって中々楽しい半日でした
Posted on 2013/05/05 Sun. 18:13 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。