Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

まさかの 

初ドライでツ抜けも出来てよい釣行だった翌日
この日の午後は予定があり近場での釣行が余儀なくされておりました。

正直少々憂鬱でした
なぜなら雪の無いところはユキシロで釣りにならない
上流はまだこんな感じ・・・
IMGP3430.jpg
時間も限られているのでボウズ回避がこの日の目的だったのですが
まさかの出来事が起こります。
IMGP3418.jpg
こんな沢なのでサイズは小さいですがすぐにビーズヘッドに食いついて来ました。
まぁ、サイズは大きくて20cmほどですがポイントらしいポイントでは殆どマーカーが水中に吸い込まれ
あっというまにツ抜け。
今日は活性が高いな~と思っていた時、マーカーをツツキに来るヤマメ
すぐにドライを結んだのは言うまでもありません(笑)
IMGP3423.jpg
残雪の多い渓でまだ8時という時間帯
まさかまさかの地元初ドライでヤマメが釣れました。
IMGP3426.jpg
目だったハッチも無く水温も4度なのにドライを追い食いして来ます。
IMGP3428.jpg
こんな残雪の場所なのに不思議です・・・
ドライでもあっという間にツ抜けし
まだ良型が出てないのでニンフに戻すと一つのプールで数匹釣れる状態。

予定の時間になったがこれは良型が釣れるまで帰れない・・・
崖から隕石が降ってきたとか、黒い物体に襲われたとかイイワケすればいいのです。
IMGP3416666.jpg
しかし、かなり上流まで探りましたがサイズはどんどんと小さくなっていきました・・・(笑)


終わってみれば今年初めて年の数より多い釣果
見た目よりもずっと春が近づいているのかな。
スポンサーサイト
Posted on 2015/03/31 Tue. 20:10 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

やっとです。 

日本有数の豪雪地帯がフィールドの僕
毎年この時期はユキシロで釣り場の選択に難儀しています。

ユキシロの出る前の時間帯にニンフで探ればまぁなんとか釣れるのですが
アウトリガー(ミャク釣りではありません、決して)
アンダースローキャスティング(振込みではありません、決して)
までも駆使しないと中々魚の顔がみれないのです。

なのでこの時期はちょと遠征して雪の少ないエリアまで行くことが多いのです。
今回の週末も気温がぐっと上がる予定だったので、チャンスかも?と思い出撃してきました。
IMGP3389.jpg
雪の全く無い里川
しかし、本流なのに水温4度でかなりの増水
ムリ!と思いましたが虫は結構飛んでいるのでとりあえずニンフで探ってみましたが・・・やっぱり反応なし。
一応ハッチの多くなるお昼までやってみましたがまだちょと早かったみたいです。

しょうがないので支流へ、このエリアのいい所はいい支流が沢山あるのでまずボウズはありません。
しかし、お目当ての場所は人がいたりしたのでちょと穴場的な場所へ。

IMGP3402.jpg
もう習性になっちゃったのでしょうか、結局残雪がある場所まで(笑)
でも地元に比べれば全然少ない。

川に下りて最初のプール、水中を見るとイワナが浮いていました
ライズはしてませんでしたが完全に捕食態勢
16番のドライを結びふわりと落とすとすっと吸い込みました。
IMGP3405.jpg

小さいですが、マーカーもショットもないダイレクトな感覚
IMGP3391.jpg
今年初ドライ、うれしー!
超チビだけど(笑)
IMGP3397.jpg
魚影も濃く活性が高かったせいか2匹4匹と数を伸ばし
ライズもしていてあっという間にツ抜け!いやーやっぱドライは楽しいね。

脱渓地点で3時過ぎ、十分釣れたので今日は帰ろう、そう思いウェーダーを脱ぎ車に乗り込みました。
しかーし!帰る途中とある渓が気になって左折(笑)
欲かいてどうなるやら・・・

IMGP3415.jpg
入ってすぐに良型が2匹でて
いい感じのプールで綺麗なフォームで吸い込んだのが今日一番の良型
一度脱いだウェーダーをまた履いた甲斐がありました(笑)

次の日は午前しか時間が無く近場での雪崩危険地帯マゾ釣りが待っていたので
うれしさ倍増の一日でした。
Posted on 2015/03/29 Sun. 17:53 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

3回目の解禁日 

最初が2月16で最後が4月16日
信州最北の最初と最後の解禁日は毎年同じ日程となっております。

さらにその間に3月1日・3月第二第三日曜日・3月16日と続きます
今年は3月1日が日曜日だったので、第三日曜日が解禁の漁協が例年よりお得なのです。

お得となれば出撃しなければいけません
朝8時解禁なのでお目当ての渓に7時30頃着くと
もう先客が・・・仕方がないので近くの穴場に行くとこちらも先客
どうやら考えている事は同じだ。


もう近くには逃げ場がないので仕方が無い・・・
大きく移動して通称チュンさんの激マOの渓に・・・
IMGP3344.jpg
川が見えない・・・(笑)
上流は埋もれてました。
IMGP3340.jpg
雪っこちゃんを装着しても埋まる埋まる。
IMGP3346.jpg
やばい。
IMGP3356.jpg
どう考えてもフライマンが来る所じゃありません・・・
IMGP3353.jpg
絶対やばい。
IMGP3363.jpg
Oゾすぎぃ。
IMGP3349.jpg
雪崩と落とし穴の恐怖に怯えながらのイワナ釣り。
一年ぶりに激Oゾの渓を堪能出来ました。
IMGP3370.jpg
無事生還したのでお昼。
IMGP3372.jpg
もう雪は嫌だ・・・かなり下流へ移動します。
IMGP3374.jpg
ダメモトで入った場所で高反応
濁っているのに小さめのニンフが好調でした。
IMGP3378.jpg
最後にニジが・・・
びっくりした。

お目当ての場所に入れなかった時はどうなるかと思いましたが
なんだかんだでツ抜けも出来て良い解禁日でした。
Posted on 2015/03/15 Sun. 20:04 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 3

pagetop △

ショートウィングクリップル 

先日のライズを見てから気持ちがおさまらず
今週はドライフライばかり巻いています。
IMGP3338.jpg
今日はクリップルパターンの一つ
ショートウィングクリップルをタイイング。
釣り上がり用なので目印を長くして見やすく仕上げました。

最近の高性能のスレッドのお蔭でCDC処理が楽になりましたよね
極細スレッドで小回転で強烈なテンションをかけるといい感じのフレアになりますねぇ。
IMGP3334_20150313213615ab2.jpg
何個巻くか迷うところ・・・とりあえずサイズ色変えて今日は30本ほど。

日曜は3回目の解禁日ですがライズは絶望的
まだまだ信州の山奥はニンフィングなのです。
しかも、今年は奇跡的にフライを一個もロストしてないのでまだ3つしか使ってない!
早くライズを前にしてフライをとっかえひっかえしたいなぁ。




ちなみに今年の解禁日は4回目まであります(笑)
Posted on 2015/03/13 Fri. 21:57 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

ブーツかもしか 

頼んでおいたウェーディングブーツがきました。
IMGP3324.jpg
SIMMSのニューモデルらしい
もう一年一足はあきらめた、どんなメーカーでも高級品でも1年はむりだ・・・
コイツをメインで使いつつハードな釣行用と里川用と3足でローテーションする予定。

ただ、ビブラム&スタッドは最も信頼出来るので出番は増えそうです。


話は変わって先日の釣行時。
IMGP3332.jpg
ばったりカモシカと鉢合わせ。
見たことある方は知っていると思いますが、カモシカは見つめ合っている時は逃げないのです。

今回はかなりの接近だったのでしばらく見つめ合っていました
これは気があるな・・・と思い一歩近寄ると10歩後ずさりされました。

思わせぶりな女の子みたいな動物ですよねこいつら・・・





Posted on 2015/03/12 Thu. 22:02 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

ライズ探しへ・・・ 

先週は雪の壁で脱渓出来ない恐怖を感じたので
今回は車を南へ走らせライズの可能性があるエリアへ出撃です。
IMGP3319.jpg
雪がほとんどない、何か違和感を感じます・・・

水温も4度もある
大雪渓の渓に比べれば高いけれど
ドライには厳しいか(笑)

風も強く期待値は低いですが今期初めてドライボックスをベストに忍ばせました。
とりあえずニンフ結び丁寧に探るとすぐにマーカーが引き込まれました。
IMGP3314.jpg
ボウズは無くなったのであとはライズ探し
流れの緩いプールを観察しながらニンフでつり上がる作戦。

お昼を過ぎた時点ではライズのラの字も見えなかったが
おにぎりを食べてからいい感じのプールに着くといきなりピシャリ。
IMGP3310.jpg
ライズだ!
中央の浮石の3mほど上流
オチビですが盛んに水面のミッジを食べている。
今期初のライズに歓喜しミッジを結び準備しましたが中央の石をよく見ると・・・
IMGP3309.jpg
なんてことだ・・・
中央の石にヤマメがついている、こいつをなんとかしないと上流のライズのヌシが逃げてしまう・・・
鼻っ面にうまくニンフを流すとつつきにきた、軽く合わせるとフッキングしなかったが浮石の下に逃げていきました
ふー、パニックなって上に逃げないで良かった
これでライズを狙える。

またドライに結び変え渾身のドリフトをすると一発でヒット!
しかーしすぐばれたぁ!

この後はいくら探せど探せどライズを見つけられず今期初のライズは見事に撃沈・・・

魚影の濃いエリアなのでニンフでは結構釣れましたがせっかくプチ遠征したのにドライで釣れず気分的にはトホホな結末。

あ~くやしい!
Posted on 2015/03/07 Sat. 22:01 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 10

pagetop △

解禁日 

3月1日
多くのエリアが解禁日をむかえる日
僕もとあるエリアに出撃して来ました。

天気予報では雨
この時期の雨は体に堪えそうだったので比較的標高の高い場所を選びました
寒くても雪ならまぁ・・・という考えです。
IMGP3303.jpg
凄い積雪・・・
しかもここに到着するまでに有望ポイントを回ったのですが釣り人一人見ませんでした
本当に今日は解禁日なのだろうか・・・
気温2度水温1度ない?・・・水温計壊れてるのかな・・・
それに、みぞれが結構降っていて凄く寒い。

結構雪代が入っていていいポイントを流すが生命反応を感じられません
今日こそボウズか・・・と思っていたらマーカーがピクピクっとして合わせるといいサイズの手ごたえ!
しかしバレ・・・

草も花も生えてないのでこのままではネタもないぞ・・・
しかし水中にキラメク物体を発見!
IMGP3307.jpg
ルアーゲット!
やったぁネタが出来た!

いやそうじゃない、釣らないと・・・

時間とともに雨になり降りも強く、水の濁りもきつくなってきた、マーカーはピクリともしません
そりゃあ、僕がイワナだったらこんな日はコタツに入ってテレビでも見ている
わざわざこんな水の冷たい日に流れに出て餌なんか食べません・・・

しばらく釣りあがると雪崩で遡行不可能な場所に突き当たった
川を変えるか・・・
IMGP3304.jpg
しかし、どうやって上がるんだこれ(笑)
降りるときは跳び降りたけれど背丈より積もった雪でとてもじゃないが上がれない
やばいこのままだと春までここで暮らさないと・・・
比較的低い場所を探して小一時間もかけなんとか這い上がれた・・・

一応最後の堰堤を雪の上から流すとマーカーが動いた
反射的に合わせるとズンズンという手ごたえ
尺
禁漁期間にベスト整理したのでメジャーが無かった
でも、計るまでもない尺上様。
まさかこんな時期にこんな所にフライマンが来るとは予想していなかったんだろう・・・油断したな。
IMGP3306.jpg
今日も雪上カップラーン
この後は雨の中3本はしごしてなんとかオチビを追加して終了。

大物が釣れた喜びよりも無事に帰れた喜びが大きい一日でした。
Posted on 2015/03/01 Sun. 17:58 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 11

pagetop △