Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

家からウェーディングブーツを履いて釣りに行ってきました。 

お盆の釣りは2連続で達人の方と出撃して来ました。

そう
虻が最も猛威を振るうこの時期に、虻の巣窟と恐れられている渓へ
釣り上った後にはペンペン草も生えない男と突撃しようという計画です。
IMGP3836.jpg
計画は明るくなる頃にMTBで一時間ほどで入渓の予定
とにかく虻が凄い所なのでとても現地で着替える余裕がないので、今回は僕も家から釣りの仕度をして行きました(笑)

しかし、1mmほどの雨の予報だったのに時々土砂降りの雨
心配しながら現地に向かうとカフェオレ・・・・いやコーヒーとも言える程の濁流(泣)

目的の渓は断念し、今年調子が良かった渓へ。
IMGP3838.jpg
久し振りの降雨で増水
絶好の条件と思ったのですが反応は前回の1/5程度
それもそのはず気温なんと18℃下手すると数日前の半分という気温です。

ちょとテンションが下がった時
KIDさんのネットに納まったのはすぐに尺越えと分かるイワナ
予定変更で僕が案内する側になったので本当にうれしい一匹となりました
ペンペン草も生えない男は尺の女神に愛された男でもあったのです(笑)
IMGP3843.jpg
僕はこんなのをぽつぽと釣ってましたが、気温18℃のウェットウェーディングは寒い・・・
まさかお盆の最中に凍えて震えることになるとは思いもしませんでした。

あまりに寒く、古傷も疼いてきたので早めに脱渓し温泉へ
そしてKIDさんも初めてという温泉入った後にイブニングへ挑戦(笑)
IMGP3848.jpg
温泉でリフレッシュしたので気持ちよく釣りあがり
IMGP3853.jpg
最後になんとか尺近いのをネットイン出来ました。



虻の巣窟で車降りた時
まっくろな虻の軍隊には正直ぞっとしましたが(汗)
いつかリベンジする予定です!
スポンサーサイト
Posted on 2015/08/15 Sat. 13:25 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

久しぶりの出会い 

お盆前最後のお休みは達人のTさんとイワナ釣りへ行って来ました。

一緒に釣りをするのは久しぶりです
最近は様々なタイプの達人とご一緒させて頂く機会が増えました、色々な方も釣り方を見るのも面白いし勉強にもなります。
ちなみにTさんは大体僕の3倍は釣る御方であります(笑)
IMGP3812.jpg
お盆休みに入っている人もいると思うので反応がちょと心配でしたが
早速尺クラスを釣り上げていました。
IMGP3806.jpg
僕も早々と一匹
この後はチビが続きましたが、大体カタについていて反応がいい
これは当り日かも?
IMGP3814.jpg
二人交互でフライを乾かしている間に大体釣れるのですが、チビが続きます
反応はいいのでお昼もそこそこに釣りあがっていくといきなりデカイのが
どばしゃ!っと勢いよく飛び出しました。
IMGP3817.jpg
尺にちょいと足りないが満足の一匹。
ここから反応がよくなり、アベレージが8寸
核心部はなんと9寸ほどに。
IMGP3831.jpg
カエルさん、擬態していると逆に危ないですよ?
今日も踏み潰しそうになりました・・・
IMGP3833.jpg
良型の引きをお腹いっぱい楽しみ
後はメインディッシュ?いやデザートか!?
イブニングをする為に移動しました

正直予定の場所では尺上を釣る自信がかなりありました
多分今日の条件ならば二人とも尺は確実と思っていたほど。

しかし
核心部に、いい時間になるように釣りあがり
ようやくいいサイズのが、残念ながらそいつはばれて次があるさと思い
次のプールを見上げた時、プールのど真ん中に巨大な黒い影いや物体が
なんと、フライラインが届く距離に熊さんが水浴びをしていました。

向こうはこちらに全然気が付かなく気持ちよさそうにざぶんざぶん
僕は恐怖で硬直(笑)
我に返りゆっくり後ずさりし、距離が空いた所で猛ダッシュ!
下流で釣っているTさんに報告し、熊さんプールを恐る恐る覗くと姿が無い・・・
IMGP3834.jpg
左岸に巨大な足跡
右岸に濡れた石
最も遭いたく無い方とも久しぶりの出会いとなってしまいました。

それでも俺は釣るぞ!
右岸に消えたのは分かってるので気を付けながら釣りあがるが
茂みが気になって全然集中できん・・・

挙句の果てにTさんがさっきの半分くらいのフレッシュなクマの足跡を発見
流石にもう嫌になって笛をぴーぴー流しながら脱渓しました・・・
イブニグはなんとボーズ(泣)

尺上がうじゃうじゃいるパラダイス区間は熊さんパラダイスになっていました
なんてこった・・・


オチもしっかりついて
無事に帰宅も出来たのでなんだかんだでよい一日でした。
Posted on 2015/08/10 Mon. 11:48 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

黄金イワナを求めて 

ストイックな釣りの翌日はチュンさんと黄金イワナの顔を見に行って来ました。
IMGP3769_20150803202656155.jpg
去年から魚影がかなり減った渓ですが今年はどうでしょう
崩壊が進む淵をなんとか這い上がり
IMGP3770.jpg
小さいのが・・・
これから大きくなると黄金色になると思うのですが・・・
IMGP3774.jpg
それにしても釣れない
暑さと昨日の疲れも相まって渓で半身浴、気持ちい~
残念ながら僕は黄金イワナの顔は見れなかった、チュンさんは会えたみたいなのでよかった。
IMGP3780.jpg
渓を移動しても反応は薄く・・・
IMGP3781_20150803203548db5.jpg
大物狙いのイブニングをするも
ジンケン(ハエ)がつつきにきただけ・・・

チュンさんには大物がかかったみたいなので来た甲斐はあったかな。

この頃調子がよく9寸でも文句をいってたバチがあたったのでしょう
この日は大惨敗となりました・・・とほほ。
Posted on 2015/08/03 Mon. 20:40 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 6

pagetop △

ストイックな釣りに挑む 

上越の写真家ことKIDさんのガイドでストイックな釣りに挑戦してきました。

早朝いや夜中の1時に家を出て、夜中の国道を走らせ3時頃待ち合わせ場所に到着
当然?(笑)KIDさんはすでにウェーディングシューズで登場!
僕はちょと迷いましたが止めました(笑)

そこからさらに一時間ちょと、ようやく入り口に到着・・・

そう、まだ入り口なのです。
IMGP3728.jpg
薄暗くなった頃から登山道を登りはじめ
滑ったら天国の場所が何箇所もある登山道をひたすら歩き
IMGP3729.jpg
たどり着いた場所は下界とは別世界の風景が待っていました。

IMGP3731.jpg
焦る気持ちを抑えふわりと毛ばりの流れに乗せると
なんの疑いもなくすっと吸い込み、うれしい一匹目。
IMGP3732.jpg
浅瀬のわずかな反流点に落とすと今度は大きな影がすーっと
尺近いイワナがロッドをギュンギュンにしならせ
ここまでの歩きの疲れも忘れてしまいました。

もう爆・モンスター間違いなしと思いましたが
やはり自然は手ごわく、後が続きません。
IMGP3756.jpg
それもそのはず、残雪がまだこんなに
川もドライの釣りが成立するギリギリの濁り。
IMGP3738.jpg
でも、時折顔を見せるイワナはどれも8寸超えのグットファイト揃い
何よりこの景観の中で毛ばりを流れに乗せるのが楽しい。
IMGP3755_20150803200552b85.jpg
それでも
数少ないチャンスの中で泣き尺・尺と釣り上げるKIDさん、流石としかいいようがありません。

僕はというと・・・?
IMGP3761.jpg
ドライから逃げ
恥ずかしながらキンタマ(笑)

僕の写真はボケボケで見苦しいので
イワナの鼓動が聞こえてくる様な写真を是非KIDさんのブログでご覧下さい。

IMGP3764.jpg
キツイと思っていた登山道ですが
景観が素晴らしくアクロバットで、道中含めて楽しい一日となりました。

KIDさんありがとうございました
お次は虻の巣窟へ・・・?(笑)
Posted on 2015/08/03 Mon. 20:18 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。