Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

五月最終釣行 

五月の最終釣行、僕は日曜休みだったのですが
遠方から晴釣雨読さんが一泊で来るので夜の宴会から参戦することにしました。

土曜の仕事を早々に切り上げ全力で山道を登ると7時、まだフライが見える明るさ
当然やる(笑)暗くなるまで10分ほどだろう
速攻で準備して5分で無事ゲット!スカッとしたぁ!

123.jpg
宴会場へ行くともうみんな来ていた
チュンさんと久しぶりのNABEさんとご対面
ほぼ手ぶらで来たのに焼肉とお酒を頂き(笑)宴会の始まりです。

qq
ボーイスカウトの晴釣雨読さんは渋い道具を色々と持ってます
こちらはホエーブスというメーカーのストーブ、アルコールで気化してから点火するという代物です。
ポンプアップしなくてもこの火力がでるのは不思議ですね~
お腹一杯飲み食いして僕は車内泊しました。

ss
翌日寒くて目が覚めると車のエンジン音が
hayaさんだ!
hayaさんも久しぶりの一日釣行らしいので朝食をさっさと済ませ一緒に谷の深い場所を目指しました。

夜の気温が0度になるこの時期
しばらくは沈黙していましたが太陽が暑く感じる時間になるとライズ!
6.jpg
楽勝と思いきや結構手こずってなんとかヒット
久しぶりにここの天然イワナとご対面出来ました
うれしい~!
一度ライズがあるといるいる・・・よ~~く見ると淵の下の方にうじゃうじゃいる。

12.jpg
時間がたつにつれライズが多くなってきたので
hayaさんと交代でライズの釣りを楽しむことにしました。

ll
連日苛められているイワナはなかなか手ごわいですが釣れるとまるまると太った
コンディション抜群の黄金イワナ、この渓の魅力ですね。

k.jpg
午後はチュンさんと別の河川へ移動
いや、ここはC&R河川並みの激戦区なので逃走といった方がいいか(笑)
午後は護岸だらけのこんな場所。

9.jpg
こちらはあんまりでなかったけどパワフルなイワナも釣れてまんぞくまんぞく。




次の釣行はいよいよ遠征です!
スポンサーサイト
Posted on 2016/05/30 Mon. 12:29 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

デカイのはやっぱり運がいい。 

久しぶりの一日釣行

チュンさんが先日いい思いをしたという渓に案内して頂きました。
P1000260.jpg
6時というこの時期にしては早めの出発だったので、前回チュンさんが絶好調だったという上流域はまだ早いと判断し
ヤマメもいるという下流域からせめてみることにしました。

ここは高低差が少なくまさにフライ向きの渓流
新緑のコントラストが水面に映える渓でロッドを振っていて気持ちがいい。

しかし、だいたいこんな渓流は釣り人もたくさん入りおさかなさんが非常に少ないのですが
ここはどうでしょうか・・・

P1000297.jpg
釣りあがりほどなくして一匹目
最初から大きい!とおもったが思ったより小さい、チュンさんが言っていた通りまるまると太ったイワナでした。

午前中は下流域を中心にせめて二人でBZ回避程度
お昼を食べて期待の前回好調だった区間へ移動します。

P1000303_201605222033410e9.jpg
ここは絶好調!というほどではないですがぽつぽつとでるでる
でればヤマメみたいな体高でロッドをギュンギュンに絞って楽しい~

サイズがいいので尺クラスもいると踏んで攻めてたのですが
浅い肩で油断してました・・・
尺クラスが、ガボって出てフッキングしたのですが数秒でAT
合わせが早かった・・・

P1000312.jpg
このイワナも7.8寸程度のですがこの体高
通常の9寸くらいの引きです
恐らく夕方に沢山飛んでいた大型ストーンフライを食べているんでしょう。

イブニングに先週チュンさんが尺イワナをばらしたポイント
何も出なかったのでまたまた油断しちゃいました。

すぐ上の肩を流すと一発目で大きな影がパクッ
恐らくチュンさんが言っていたヤツ
しかし適当に流し合わせたせいかすぐにポロリ
(。>0<。)ビェェン

チュンさんと僕の魔の手(笑)から逃げるとは・・・



大きくなる奴はやっぱり運がいいと思うのは僕だけじゃないはず。
Posted on 2016/05/22 Sun. 20:36 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △