FC2ブログ

Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  TB: --  /  CM: --

pagetop △

パイロットフライ作った 

この時期はほんと何が出るかわからないからフライパターンも多くなる。
大体ライズの時間より1時間程余裕をもって渓にはいって、最盛期であれば適度な大きさのパラシュートでその日の兆候を探るのだが、この時期はよほど状況がよくない限り早い時間だとドライには反応しない。
つまり、ドライではパイロットフライにならない。
IMGP0073.jpg
で、まっさきに結ぶのがこんな感じのウェットフライ、特に何かイミテートしてるわけじゃなくあくまでも魚のご機嫌を見る為に使っている。
これで反応がないなら活性が悪いか底にへばりついてるか・・・腕が悪いってこともあるけどね!    でも
表層で食ってくるようなればお楽しみの時間!

IMGP0074.jpg
イワナの渓だとちょと黒っぽい感じのを使う、午後になって水温が上がってやっとドライに反応するような時期のパイロットフライ、だがこれがその時一番つれる事が多い(笑)


セッジパターンぽくしてるのはただこっちのほうがカッコイイ気がするだけである。
スポンサーサイト
Posted on 2012/04/05 Thu. 03:03 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △

コメント

pagetop △

コメントの投稿

Secret

pagetop △

トラックバック

トラックバックURL
→http://troutcaptor.blog.fc2.com/tb.php/3-08ba60a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pagetop △

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。