Fly Day’s

 

フライフィッシングの日々

ランディングネット事件 

先日の釣行時
紛失したランディングネットを探しながら釣りあがっていました。

自分のもそうですが事前情報で知人がこの界隈で落としたらしく
探していたのです。

しばらく釣りあがっていると大きめのネットを発見!
知人が紛失した物かと思いましたが残念ながら違っていました。

ということはこの界隈でネットを落としたのは3人
自分以外のネットを拾ったのは初めてなのにこのタイミングとはすごい偶然です・・・
P1000890.jpg
ということで、このネットの持ち主様はもしこのブログを見ていらっしゃったら
落とした日と河川名を書いて非公開コメントでご連絡下さい
送料着払いなりますが宅急便で送ります。

その日、自分のネットは見つかりませんでしたが
なんとdwellerさんの同行者さんが拾って連絡を頂きました。

なんという奇跡でしょうか・・・
P1000888.jpg
落とすこと数度
去年はhayaさんに拾って貰い
今年も奇跡的に手元に戻ってきました
本当に感謝しかありません。

P1000891.jpg
10年以上前、フィルムの一眼で撮った尺上イワナの写真です
この写真がなくてもこのネットですくったのは思い出せますので
やっぱりネットってただの道具じゃないのですよね。

今度こそ紛失しないようにしたいと思います・・・


6/25 追記

持ち主様と連絡が取れました
ネットの力が凄いというのもありますが
県名さえも伏せているのに見つかるのはちょとした奇跡ですね。

本当に良かったです。
Posted on 2016/06/23 Thu. 21:27 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 16

pagetop △

リベンジを兼ねて 

先日大物をばらしたリベンジと紛失したネットの回収も期待して
いわなたろうさんと遊びに行って来ました。

メインの大物は気温の上がる2~3時に狙えるように朝一本目はある程度時間のかかる渓へ
P1000875.jpg
ここを脱渓すればちょうど2時くらいのはず

時間的にあまり期待していませんでしたが
最初からいいペースで釣れます
どれも小型だったのでいいのが出たら写真を撮ろう・・・
P1000880.jpg
交代で釣っていくのですが
ぼくが準備しているともう釣っていて早い早い(笑)

アベレージは小型ですが数がでて盛期の楽しい時間を満喫。
P1000884.jpg
ヤブデマリとタニツギがまだ咲いていました。

脱渓し長い帰り道を歩いて予定通りの時間
期待が高まりますが
リベンジの場所へ着いたら冷たい雨
雨で一気に魚の活性が下がり反応は先週の1/10くらい・・・
時間を狙ったのが逆に仇となりました(泣)

厳しい中での釣果はいわなたろうさんのブログで!

ちなみに今回一眼の僕は雨でカメラを出せずにブログ的BZ(笑


結局先週と同じでびしょびしょになるまで釣って
温泉に入ってから岐路につきました。

絶対いわなの祟りだな(笑)
Posted on 2016/06/20 Mon. 11:34 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 8

pagetop △

尺イワナの祟り 

お目当ての場所3か所が全滅だったので入る予定じゃなかった所に入りました。
P1000557.jpg
ここはロッドを悠々振れるので釣れなくても気持ちがいい。
普通は時期的にまだ早いけど今年の状況なら釣れるはず。
P1000549.jpg
入渓地点
いきなり尺上をばらす・・・
でも8寸クラスがポイントごとに釣れる
写真撮影が忙しいのでネットのコイルコードを外して釣りあがったら
ネットがない!かなり探したがない!
せっかく苦労してリストアしたのに・・・
でかいのバラすわネット無くすわで凹んでいたのですが・・・

いきなり大きいのがガボッ!
P1000579.jpg
尺が釣れてちょと癒された。
しかしネットが無いのではみ出しの美学が出来ない・・・と思ってたら・・・

す~~と浮いてきてぱこん!
P1000723.jpg
なんじゃこいつは!
凶悪犯の顔!こいつはやばいやつだ・・・
P1000732_201606112355586db.jpg
でかい・ふとい
はみ出しの美学を超えるネットが必要ない美学サイズ・・・


P1000735.jpg
36cmでした。

ネットが無くなったのは尺イワナの祟りに違いない。

P1000767.jpg
次はチビだと思ったけど余裕の尺だった(笑)

P1000791.jpg
尺が小さく見える・・・
というか、尺イワナがポンポン釣れる
もうネットをなくしたショックを忘れハイテンション(笑)

この後さらに一升瓶みたいなのが浮いてきてガポ!
しかし、突進を止めれず石に潜られ5Xがぷっつん・・・

P1000799.jpg
ヤマメは8寸ほどのが数匹でました。

P1000802.jpg
尺が小さく・・・



夕立でびしょびしょになるまで遊んでしまいました。
尺イワナをぞんざいに扱ったので次は竿折れるかもしれません。
Posted on 2016/06/12 Sun. 00:06 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 4

pagetop △

五月最終釣行 

五月の最終釣行、僕は日曜休みだったのですが
遠方から晴釣雨読さんが一泊で来るので夜の宴会から参戦することにしました。

土曜の仕事を早々に切り上げ全力で山道を登ると7時、まだフライが見える明るさ
当然やる(笑)暗くなるまで10分ほどだろう
速攻で準備して5分で無事ゲット!スカッとしたぁ!

123.jpg
宴会場へ行くともうみんな来ていた
チュンさんと久しぶりのNABEさんとご対面
ほぼ手ぶらで来たのに焼肉とお酒を頂き(笑)宴会の始まりです。

qq
ボーイスカウトの晴釣雨読さんは渋い道具を色々と持ってます
こちらはホエーブスというメーカーのストーブ、アルコールで気化してから点火するという代物です。
ポンプアップしなくてもこの火力がでるのは不思議ですね~
お腹一杯飲み食いして僕は車内泊しました。

ss
翌日寒くて目が覚めると車のエンジン音が
hayaさんだ!
hayaさんも久しぶりの一日釣行らしいので朝食をさっさと済ませ一緒に谷の深い場所を目指しました。

夜の気温が0度になるこの時期
しばらくは沈黙していましたが太陽が暑く感じる時間になるとライズ!
6.jpg
楽勝と思いきや結構手こずってなんとかヒット
久しぶりにここの天然イワナとご対面出来ました
うれしい~!
一度ライズがあるといるいる・・・よ~~く見ると淵の下の方にうじゃうじゃいる。

12.jpg
時間がたつにつれライズが多くなってきたので
hayaさんと交代でライズの釣りを楽しむことにしました。

ll
連日苛められているイワナはなかなか手ごわいですが釣れるとまるまると太った
コンディション抜群の黄金イワナ、この渓の魅力ですね。

k.jpg
午後はチュンさんと別の河川へ移動
いや、ここはC&R河川並みの激戦区なので逃走といった方がいいか(笑)
午後は護岸だらけのこんな場所。

9.jpg
こちらはあんまりでなかったけどパワフルなイワナも釣れてまんぞくまんぞく。




次の釣行はいよいよ遠征です!
Posted on 2016/05/30 Mon. 12:29 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 2

pagetop △

デカイのはやっぱり運がいい。 

久しぶりの一日釣行

チュンさんが先日いい思いをしたという渓に案内して頂きました。
P1000260.jpg
6時というこの時期にしては早めの出発だったので、前回チュンさんが絶好調だったという上流域はまだ早いと判断し
ヤマメもいるという下流域からせめてみることにしました。

ここは高低差が少なくまさにフライ向きの渓流
新緑のコントラストが水面に映える渓でロッドを振っていて気持ちがいい。

しかし、だいたいこんな渓流は釣り人もたくさん入りおさかなさんが非常に少ないのですが
ここはどうでしょうか・・・

P1000297.jpg
釣りあがりほどなくして一匹目
最初から大きい!とおもったが思ったより小さい、チュンさんが言っていた通りまるまると太ったイワナでした。

午前中は下流域を中心にせめて二人でBZ回避程度
お昼を食べて期待の前回好調だった区間へ移動します。

P1000303_201605222033410e9.jpg
ここは絶好調!というほどではないですがぽつぽつとでるでる
でればヤマメみたいな体高でロッドをギュンギュンに絞って楽しい~

サイズがいいので尺クラスもいると踏んで攻めてたのですが
浅い肩で油断してました・・・
尺クラスが、ガボって出てフッキングしたのですが数秒でAT
合わせが早かった・・・

P1000312.jpg
このイワナも7.8寸程度のですがこの体高
通常の9寸くらいの引きです
恐らく夕方に沢山飛んでいた大型ストーンフライを食べているんでしょう。

イブニングに先週チュンさんが尺イワナをばらしたポイント
何も出なかったのでまたまた油断しちゃいました。

すぐ上の肩を流すと一発目で大きな影がパクッ
恐らくチュンさんが言っていたヤツ
しかし適当に流し合わせたせいかすぐにポロリ
(。>0<。)ビェェン

チュンさんと僕の魔の手(笑)から逃げるとは・・・



大きくなる奴はやっぱり運がいいと思うのは僕だけじゃないはず。
Posted on 2016/05/22 Sun. 20:36 [edit]  /  TB: 0  /  CM: 0

pagetop △